• ホーム
  • 後悔しない叱り方 ブログ

後悔しない叱り方 ブログ

2018.10.03

生さぬ仲の【初誕生日】

 例えば。。。「ありがとう」という言葉です。

親が子どもに言う時は『躾(コントロール)(支配)』だったり『褒美(コントロール)(支配)』だったりしませんか?

 本当に含みが無しに「ありがとう」は確かに存在します

わたしだったら、子どもたちの誕生日に「生まれてきてくれて、ありがとう」は躾でもなく、褒美でもなく【感謝】です

15年も前のお話です。

今では珍しくないのかもしれませんが、わたしは、生さぬ仲の子育てをしていました。

その子どもの初誕生日にどうしても『ありがとう』とは言えませんでした。

「お誕生日、おめでとう」は本気で言えますし、「良かったね」も抵抗がありませんが【感謝】へは繋がらなかったのです

 もし、あなたがお誕生日に姑さんに「生まれてくれてありがとう」とラインをもらったらどう思いますか?

きっと、『ありがとう』とは返すでしょうが、信頼できますか?

そこで、信頼関係は深まりますか?

もともとに、信頼関係(無条件で相互が相手を信用できる状態)が有ってからの、この会話であれば有りかもしれません。

 しかし、義理の親子になって初めてのお誕生日だったらどうでしょうか?

(わたしなら、不気味で震え上がります。

15年前。わたしは先輩ママに「生まれてきてくれて、ありがとう」というものだよと教わりました。

 そうすることで、今後の生さぬ仲の育児がし安くなるというアドバイスです

わたしは、生さぬ子が可愛かったし、好きでしたが、感謝の言葉には違和感を感じたのです。

だから、「おめでとう~」とだけ言いました。

「かわいい」「好き」だけ言って抱きしめました。

それで良かった!!

あの時、そんなことを言っていたら

わたしは間違いなく。後悔していたでしょう!

納得できないことは、口にしないことです。

伝えたいことは、言葉にすることです。

教育にはテクニックが間違いなくあります!!

しかし、育児にはテクニックはありません。

 わたしが、初めて『お母さん』になってから試行錯誤で15年。間違っていなかっと思う経験のひとつです

2018.10.02

『褒めない』 『褒める』の具体例

 実生活で想像してみてください。

まずは、あなたが親だったとして次の言葉をお子さんにかける時は、いつですか?

1「ありがとう」・・・

2「うれしい!」・・・・

3「助かる~」・・・・

4「だいすきっ」・・・・

次に、あなたが子どもの時でもいいですし、現在でもイイです。親に次の言葉を言われたら、なんと感じますか?

1「ありがとう」・・・

2「うれしい!」・・・・

3「助かる~」・・・・

4「だいすきっ」・・・・

そして、上司や舅姑に言われたら?

反対に、あなたが言う時は、何を思って上司や舅姑に言いますか?

最後に、友達や配偶者・恋人に言われたら?

同様に、どんな時に、あなたは言いますか?

簡単なメモでよいので、取っていただけますか?

そして、アドラーの答えを読んでくださいヽ(*´∀`)ノ

2018.10.01

褒めないで育てる VS.褒めて育てる

「褒めて育てましょう」とは、よく耳にすると思います
では、「褒めないで育てましょう」は、聞いたことがありますか?

後者は、アドラー心理学をベースに育児を行う【smile】という講座の中でよく出てくる言葉なのです。
ではなぜ?褒めてはいけないのでしょうか?

答えは単純で、「褒めてくれる人が居なくなったら、その行動をしなくなる」という考え方です

あなたは、お子様を褒めて育てていますか?
褒めずに育てていますか???

カレンダー

«2月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   

カテゴリーリスト

フィード

mitubachikikaku