後悔しない叱り方 ブログ

2018.10.02

『褒めない』 『褒める』の具体例

 実生活で想像してみてください。

まずは、あなたが親だったとして次の言葉をお子さんにかける時は、いつですか?

1「ありがとう」・・・

2「うれしい!」・・・・

3「助かる~」・・・・

4「だいすきっ」・・・・

次に、あなたが子どもの時でもいいですし、現在でもイイです。親に次の言葉を言われたら、なんと感じますか?

1「ありがとう」・・・

2「うれしい!」・・・・

3「助かる~」・・・・

4「だいすきっ」・・・・

そして、上司や舅姑に言われたら?

反対に、あなたが言う時は、何を思って上司や舅姑に言いますか?

最後に、友達や配偶者・恋人に言われたら?

同様に、どんな時に、あなたは言いますか?

簡単なメモでよいので、取っていただけますか?

そして、アドラーの答えを読んでくださいヽ(*´∀`)ノ

 アドラー的、これらの言葉は【褒めない】対人関係構築だそうです。

1「ありがとう」・・・感謝を伝える言葉かけです。

2「うれしい」・・・・喜びを伝える言葉かけです。評価ではなくパパ・ママの気持ちを伝えます。

3「助かるわ」・・・・貢献感をはぐくむ言葉かけです。

4「だいすき」・・・・愛情を伝える言葉かけです。

だ。そうです。

褒めていない?

これで、素直に人間関係が良好になる?

違和感ありませんか?

トラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

«10月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

カテゴリーリスト

フィード

mitubachikikaku