後悔しない叱り方 ブログ

2018.10.04

褒めない ≒ 褒めたくない

『褒めない育児』『褒めて伸ばす』など、いろいろありますが・・・・

ったらご自分にこう訊いてみてください

 私は、その人を賞賛したいのか?



です。昔、生さぬ子育てをしていた頃に度々聞いた嘆きです


「だって、褒めるところがないんだもん」


生さぬ子育てをしている方の多くは、ここで悩むのです

このことに性差はありません。男性でも同じことで立ち止まります



 実子がいなかったわたしには、ピンと来なかった悩みでした

しかし今、実子を育ててみてハッキリ言えます


褒めることが無い = 褒めたくない


です。子どもに限らず。自分に限らず。人に限らず。何かを育てていく上での成功への最低条件があります

それは

無理をしないこと!!!  です

考えてもみてください

あなたを褒めてくれた相手に、あなたが価値を持っていなければ

その賞賛は、価値を持ちません。むしろ、空々しく思えて鬱陶しいとさえ感じるでしょう

 仮に、相手に褒められて嬉しかったとしても

その先の行動は受け手の数だけバリエーションがあります。

わかり易いパターンであれば

1.喜んで適切な行動を繰り返す

2.喜んでもっと向上し、飛躍していく

3.喜んで調子に乗って失敗する

など。。。。どれを受け手が選択するかは、褒めた側には分かりません


期待下通りの反応を相手がするとは、限らないのです

トラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

«10月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

カテゴリーリスト

フィード

mitubachikikaku