後悔しない叱り方 ブログ

2018.10.07

生さぬ母 ≒ 新前パパ ~日常編~

ナナシは、無機質でさみしいので、養子の名前をつけましょう

個人情報の点から『なおっち』としておきますヽ(*´∀`)ノ

脚色もしますので、そこはいい加減に流してください

なおっちは、4歳

ルックスは、ジャニーズのよう(マッチに近づくため、養子にした疑いもあり(^_^;))

社交的で活発だけど粗暴ではない(口はたつ

オムツっ子

こんな感じです。

わたしは、この時にはじめてオムツを触りました

この辺りからして、新前パパと同様です

夕食にスパゲッティーが食べたいというので、張り切って

ペスカトーレを作りました

自慢ですが。。。わたしの料理は、売り物になる腕前です

当然ですが、自信作です

でも。。。なおっちは食べないのです

料理だけは、誰にも負けたことがなかったわたしの過去は、全否定されました

この辺りも新前パパと同様です

当時朝は。。。わたしは通常、6時に起床。

朝食はコーヒーのみ

メイクはしないので、お弁当だけ詰めて6時55分にはマンションの鍵を閉めるのです

しかし!!!

保育園児は、朝ごはんを30分はかけて食べるのです

がび~~~~ん!!! です

昆虫のように、小さいお口でチョボチョボ食べる姿は、可愛いのですが。。。時間がない!!

それ以上に驚いた事は、保育園は大人同伴でないと入れないということでした

ウソだろ~~~~ぉぉぉおおおおお!!

新鮮な衝撃は毎日続くのです。

わたしは、毎日。朝の会議に30秒だけ遅刻しました

教員は、育児休暇が取れるのです。朝の30分の出勤猶予申請しましたが却下でした

理由は明解で「自分の産んだ子供でもないのにそこまでする?!しないでしょ!」とのことです

返す言葉はありません。

 出世だけを見据えていたわたしは、焦り始めました。

こんな状況も、新前パパと同じでしょう(^_^;)

なおっちは、かわいい と これまでのキャリアをどうする!

の間で、わたしは本来の自分の性格を歪めていきました

お分かりでしょうか?

主人は、

起きたらサッサと出勤

懇親会(飲み会)皆勤賞!

帰宅したら、用意された食事をし

休日は寝る。起きたら、職場の先輩とザギン遊を貫きました。

 なおっちが、休日に朝ごはんを食べていなくとも起きないのです

さすがに。。。。わたしは、自分を通せなくなりました

間の子どもは、誰かが世話をしないと生きていけないのです・・・・・

頭では知っていたことですが、具体的な実感をわたしは知りませんでした。

この辺りから、きっと親になりヒゲ程度が生えたのでしょう

 実子を育てて分かります。

母体は、Dr.が診断できない早期から変化に気がつきます

その辺から、お酒を飲む人はお酒を控えます

タバコを吸う人はタバコを控えます

わたしは、妊娠を知った辺から仕事を控え始めたのです

 母親は、そうやって子どもが生まれる前から

少しずつの準備を無意識に始めます。

今でも思います。

お母さんてすごいんですよね

女性が母性があるのではありません。

母になると覚悟を決めた人が、母性の人なのでしょう

性差は関係ありません。

乳歯が永久歯に生え変わるようには、ほっておいては親にはなれないのです。

少なくともわたしがそうでした

今なら、産みの痛みが不可欠な理屈が分かります。

生さぬ母のつわりは、ここから始まりました。

産みの痛みまでは、まだまだでした。

無償で人を育てるということは、本当に大変だと触りだけ気がつき始めました

「ありがとう」や「助かってるよ」くらいのねぎらいは欲しくなるのです

「えらいね」や「尊敬するよ」などの賞賛も欲しくなるのです

人間だから。。。。

トラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

«10月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

カテゴリーリスト

フィード

mitubachikikaku